• [En]
  • [Fr]
  • [Es]
  • [It]
  • [Tr]
  • [Ru]
  • [Pl]
  • [De]
  • [Cn]
  • [Br]
  • [Ar]
  • [Nl]
  • [Ko]
  • [Ro]
  • [Cz]
  • [Bg]
  • [Dn]
  • [Fn]
  • [Gr]
  • [Hu]
  • [Nr]
  • [Sw]
  • [Is]
  • [Jp]
  • [Th]

  (+31) 765-870 401

  office[at]lawyersnetherlands.com

(+31) 765-870 401
office[at]lawyersnetherlands.com
Company Formation Netherlands

CHECK COMPANY
NAME AVAILABILITY (Step 1)



Articles

オランダの会社設立

Updated on Thursday 02nd November 2017

Rate this article
5 5 1
based on 2 reviews


Set-up-an-e-commerce-business-in-the-Netherlands当社は、オランダのアムステルダムに拠点を置く会社設立エージェントです。オランダでの事業開始にご興味があり、当国にて事業を開始するならば、料金・条件・事務手続きに関してすぐに当社にお問合せください。お客様ができるだけ早く事業を開始できるように当社の担当者がお手伝いをさせていただきます。
 

オランダでとのような会社を創立したいですか?

 
1) Dutch BV(有限責任会社)。最近変更された会社法に基づき、この種の会社は最低株式資本が1ユーロあれば登記していただけます。役員や地元の会社本部に関連する一連の必要事項があり、両方とも地方規制が「実体」とみなすために必要とされます。しかし当社、INCO BUSINESS GROUPは必要とされるすべてのサービスを提供することができます。
 
Dutch BVを開業している投資家がオランダの持株会社として社の設立を必要とする場合には、地元の信託会社または司法書士サービスが提供する援助が必要となるでしょう。CompanyFormationNetherlands.com (INCO BUSINESS)を通じてこのようなサービスを取得していただけます。
 
 
2) 合名会社。この種の事業は、同社名の下で同じ経済目標を持ち、企業負債に無限責任を持つ2つ以上のパートナーと提携する会社向けです。その中で利益を共有し、Dutch BVとは異なって最低株式資本を公開する必要はありません。社の資金でカバーできない負債がある場合には、合名会社のメンバーそれぞれの個人資産を債権者が受け取ることができます。
 
3) オランダ合資会社。もうひとつのパートナーシップ形態であるオランダ合資会社には、パートナーが最低2つ必要とされます – ひとつは無限責任で経営意思を行い – もうひとつの活動しないパートナーは企業に資本を届け、拠出に対して有限責任となります。
 
4) 専門職合資会社は最低2つのパートナーシップで形成され、自分たちの資格に責任があります。この種の事業は専門家の訓練に望ましく、事業向けではありません。
 
5) 公開会社。この事業形態は大きな投資に適しており、株式資本が45,000ユーロ必要です。株主総会は経営意思の責任となります。管理人委員会は日々の決定に責任を負うことになります。
 
外国会社の支社/子会社。オランダに子会社支店を出したい外国会社の代表者は、新たに成立した実体資本(オランダ子会社の場合)納入が必要となり、新たに成立した会社の活動(オランダ支社の場合)に責任を持つ必要があります。
 

オランダにおける事業開始の手続きとは?

 
オランダにおいて会社設立を決定する場合には、会社の定款と署名見本を作成し、特定フォームを記入し、企業を管理する株主と取締役の身分証明書を提示しなければなりません。オランダの会社設立手続きには署名と行為の分析に公証人を必要とします。実業家はオランダの登記事務所に出向き、銀行口座を用意しなければなりません。別の手順としては、企業登記後に会計士を雇います。
 
当社はドバイ・スロベニア・イタリア・オーストリア・ロシアなどの当社の系列会社を通じて、その他欧州の国々でも会計サービスを提供することが可能です。
 

オランダにおける会社登記の手順

 
 
ステップ1
 
当社に会社設立のためのすべての必要な情報を提供。例えばDutch BV(オランダで一番人気のある会社タイプ)の場合には:
 
設立するオランダの会社の株主と役員のすべての情報
必要な場合には、株主・役員・UBO(最終受益所有者)のパスポートコピー
株主が他の外国会社の場合には、アポスティーユ認証の会社商業登記抄本(会社登記所に発行された法規)
必要な社会資本(最低1ユーロ)
 
 
ステップ2
 
会社設立書類の署名のためにオランダの公証人を訪問する、または国外で書類に署名してアムステルダムの当社の住所にオリジナルの書類を送付します。後者の場合には、これらの書類は当社の事務所に供給され、適切に合法化されなければなりません。しかしこの場合にはオランダを訪問する必要はありません。
 
 
ステップ3
 
 
・当社はオランダの商業登記で会社設立の申し込みをします。
オランダで事業を開始する前に、オランダの法律に従って、新たなオランダの会社名が承認可能かどうかを商工会議所が確認します。その後、社名が予約されて、投資者がその名の証明書を受け取ります。それから銀行口座を開設して、最低株式資本を預金しなければなりません。次のステップは公証人が署名・作成した会社設立証書の公証です。
 
 
新企業の書類は商工会議所に提出します。人が届けた場合には、ほんの数時間で登記番号を提供してもらえます。書類を郵送した場合には、この手続きには1週間かかることがあります。会社設立はオランダの公式官報((Staatscourant)で発表され、議会に処理されます。
 
税金番号の取得が必要なので、投資者は地元の税務署で登録用紙を提出しなければなりません。所得税には別の登録用紙を提出します。必要な用紙は地元の税務署または公式ウェブサイトで入手可能ですが、企業・メンバー情報を入れなければなりません。
 
 
オランダで企業登記後には、所有者は税金・監査・金融助言の援助のために会計士を雇わなければなりません。
 
 
オランダで弁護士サービスが必要な場合には、事業活動中に法的助言を提供する地元の弁護士を当社が推奨することが可能です。その他の国々で会社設立を希望する場合には、欧州中の弁護士に連絡を取ることが可能です。さらに、オランダまたはその他の国でヘッジファンドを開始したい場合には、世界のどこででもファンドを開始する方法のガイドであるFundWorldを確認することをお薦めいたします。
 

オランダの経済概状

 
海外投資者は、国の安定した産業・経済のために、オランダでの会社登記を選択します。オランダの主要産業活動は食品産業です。国の経済成長に貢献する何百万ものトレーダーが過去何十年もの間、オランダで会社を設立して来ました。
 
 
海外投資者の約3分の1は民間部門、主に製造部門でオランダでの会社設立を決定しました。しかし、電気機械工業のほかエンジニアリング製品・化学品・石油・建設も非常に発展しています。にもかかわらず、世界中の国々、特にドイツ・ベルギー・フランス・英国と好ましい関係にあるので、オランダは会社設立にはかなり魅力があります。
 
 
 
 
 

Comments

There are no comments

Comments & Requests


Please note that client queries should NOT be posted here but sent through our Contact page.